男料理の代名詞!焼飯(チャーハン)をパラパラに作る10のテクニック

男料理代名詞で、女性が喜ぶ手作り料理の1つのチャーハン。
うまく作るとパラパラで美味しいものなんですが、よく失敗してべっちょりしてしまい、なんかお粥のようなものに仕上がってしまった!なんてよくある話です。

頑張って作ったから食べてはもらえますが、どうせ食べてもらうならパラパラの美味しいチャーハンがいいですよね!
今回はチャーハンに悩める人たちに是非やってほしい、チャーハンをパラパラに作る10のテクニックをご紹介したいと思います。

 

あらかじめ卵とご飯を混ぜておく


卵をあとで入れてしまうと、卵が接着剤のような役割になってしまい、ご飯がパラパラになりにくいです。
この方法は比較的に、成功する確率が高いです。

ただし、二人前くらいなら大丈夫なんですが、三人前以上になると、ベチャベチャになっていくので、少量のときのみの方法になります。

 

卵を数回に分けて入れる


先ほどと理由は同じです。

卵を一気に入れると接着剤になってしまうなら、何回かに分けて少しづつ入れていけばいいんです。
ただ、あまりに細かくしすぎると、炒めすぎて焦げてしまいますので、2〜3回くらいにしておきましょう。

 

油の代わりにマヨネーズを使う

油の代わりにマヨネーズを入れることで、マヨネーズ中の卵黄と乳化された植物油が、ご飯の一粒一粒をコーティングするため
パラパラチャーハンができます。

やり方はフライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、溶け始めたら温かいご飯を加えて、マヨネーズが全体に行きわたるように炒めるだけです。

 

冷凍・冷蔵したご飯はラップをせず温める

よく冷えたご飯がいいと思っている人がいるのですが、全く逆効果です。

冷えているものを温めると少なからず水分が出て来てしまいます。
それがご飯をベチャベチャにしてしまいます。

もし、冷たいご飯でチャーハンを作る際は、一度温めましょう。
温める際はラップをしないでおくと、水分が飛びますので、レンジでチンするときはラップをしないようにしましょう。

 

具材をご飯粒くらい細かくする

入れる具材にもよるのですが、水分が出る具材を入れる場合は、細かく切って入れないと、炒める時に水分がご飯粒についてベチャベチャになってしまいます。
米粒ぐらいの大きさを目指して具材を切りましょう。

 

具材を少なくする


先ほどと同じような理由です。
水分が出てしまう具材があって、チャーハンがベチャベチャになるなら、そもそも具材を減らせばいいんです(笑)
ちょっと出来上がりが寂しくなりますが、パラパラにするのを最優先の場合はお試しください。

 

強火で一気に炒める

強火で一気に炒めることで水分が米粒に浸透する前に飛ばしてしまう作戦です。
ただこの方法は炒める時に焦げてしまわないように手を動かし続ける必要があります。
あと、IHだと使うことはできません。

腕の筋力に自身がある人は是非お試しください!

 

パックのご飯を使う


冷や飯をいちいち温めて使うよりも、 加熱前のバリバリに固まっている「パック御飯」をほぐして炒めた方が、 もっと上手にパラパラに炒めるます。

この方法は実はTVのプロの料理人が自宅でサッとご飯を作る時に使う方法なんです。
プロも認めるくらいですから、さぞ美味しいチャーハンができるはず・・・

 

ラードや牛脂を使う


プロの料理人はラードや牛脂を使って作るそうです。
プロ並みの料理を出してあの子を振り向かせたい!、
そんな野望がある人は是非お試しください。

 

おたまの底で叩いてほぐす

チャーハンを作るCMなんかで、おたまで叩くような素振り見たことありませんか?
実はプロの中では”チャーハンは、混ぜるのではなく、レードル(お玉)の底でご飯を叩くようにしてほぐしていくのが基本”というのがあるんです。

ただし、叩くにしても、米粒を潰さないようにしないといけないので、力加減がちょっと難しいです。

 

まとめ

  • あらかじめ卵とご飯を混ぜておく
  • 卵を数回に分けて入れる
  • 油の代わりにマヨネーズを使う
  • 冷凍・冷蔵したご飯はラップをせず温める
  • 具材をご飯粒くらい細かくする
  • 具材を少なくする
  • 強火で一気に炒める
  • パックのご飯を使う
  • ラードや牛脂を使う
  • おたまの底で叩いてほぐす

以上です。

いかがでしたでしょうか?
少しの工夫で美味しくできるのが料理の面白さですよね!
特に簡単な料理ほど、意外なことをやるだけで全く味が変化します。
それはチャーハンにも言えることだと思います。
是非パラパラチャーハンにチャレンジして見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)