『一味唐辛子』と『七味唐辛子』の違いとは?

唐辛子の粉末として『一味唐辛子』と『七味唐辛子』があります。

一味と七味と呼ばれていますが、この2つの違いって知っていますか?

名前の通り、味に違いがあるのかと思うのですが、味音痴の自分にはイマイチわかりません(笑)

でも、違いを知らないと恥ずかしい思いをすることに!!

うどんを食べる時はどっち?

カツ丼にはどっち?

これは恋人や好きな人と行った時に間違えると、さすがに恥ずかしいですよね。

今回は『一味唐辛子』と『七味唐辛子』の違いについてご紹介したいと思います。

 

一味唐辛子とは?

一味唐辛子(いちみとうがらし)は、乾燥させたトウガラシの実をすりつぶして粉末にした調味料。料理の辛味付けに用いられる。

関東では「大辛」(おおがら、おおから、おおっから)とも呼ばれる。
英語ではcayenne pepper powderと言う。

wikipediaより

 
以上が一味唐辛子の説明になります。

簡単にいえば、唐辛子を粉末状にしたものが一味唐辛子と言うことです。

 

七味唐辛子とは?

七味唐辛子(しちみとうがらし)は、唐辛子を主とした香辛料を調合した日本の調味料(ミックススパイス)。
しばしば、「七味(しちみ)」と略される。

七味唐辛子というのは上方風の名前であり、江戸・東京では七色唐辛子、七種唐辛子(なないろとうがらし)である。

近代以降の多くの辞書では「なないろとうがらし」を標準語形とした。

しばしば略して「なないろ」と言う。
唐辛子は「とんがらし」とも発音される。

唐辛子を主原料とし、七種類の香辛料を混ぜて作られることからその名がある。

必ずしも同じ原料・また七種類の原料で作られるとは限らず、生産者によっては原料や種類数が違う

wikipediaより

以上が七味唐辛子の説明になります。

7種類の香辛料を混ぜて作られたものが「七味唐辛子」と言うそうです。

 

『一味唐辛子』と『七味唐辛子』は原料が違う!


以上の説明から、一味は唐辛子のみ。

七味は7種類の香辛料からできているということで、そもそも原料が違うんです。

 
気になるのは味です。

原料が違うので、味も当然違います。

 

どっちの方が辛いのか?

どっちも辛味があるのは当たり前です。

両方とも唐辛子が入っていますからね。

では、どっちの方が辛いのか?

それは”一味”です。

 
七味は唐辛子以外にも香辛料を入れるため、辛さが軽減されマイルドな味になっています。

 

栄養価はどっちが高いのか?


多くの栄養を摂取できるという面を考えると、”七味”です。

ただ、唐辛子に入っている「カプサイシン」という辛味成分を摂取することが目的なら”一味”です。

ちなみに、カプサイシンの効能は以下の通りです。

  • 血行や代謝が良くなる!
  • 食欲増進に効果がある!
  • 胃を整えて殺菌する効果がある!
  • 疲労回復の効果がある!

これらの効果を期待するのであれば、唐辛子が多い”一味”がいいでしょう。

 

『一味唐辛子』と『七味唐辛子』の使い分け


当然、使う場面が異なっていきます。

実は七味は日本独特の香辛料なんです。

一味を日本人にとって、辛過ぎたので、日本人の口に合うように改良したのが七味になります。

要するに世界共通は”一味”日本固有の香辛料は”七味”ということになります。

ということは自然と使い分けがわかってきますよね?

 

  • 七味唐辛子
  • 日本料理などの和食やお蕎麦、漬物、お味噌、焼き鳥、天ぷら、牛丼、豚汁などに相性がいい。

  • 一味唐辛子
  • 麻婆豆腐、カレー、ピザなど和洋中すべての料理をシンプルに辛くする際に重宝されます。

 
以上のように使い分けます。

七味は日本料理全般に使うと覚えておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょう?

『一味唐辛子』と『七味唐辛子』の違いをわかっていただきましたか?

一応使い分けなどをお話しましたが、結局最終的には好みの問題になると思いますけどね(笑)

辛いのが好きなら一味。

マイルドにしたかったら七味という感じで使い分けるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)