バターとマーガリンの違いとは?健康にいいのはどっち?

あなたはバターとマーガリンの違いを答えられますか?

小学校の給食に出てきたのはどっちかわかりますか?

「え?そんなの一緒じゃないの?」

そう思っている人もいるんじゃないでしょうか?

実は全然違うものなんですよ?

料理をする時にバターじゃなく、マーガリンを入れると、味がおかしくなってしまうんです。

今回はマーガリンとバターの違いについてお話したいと思います。

 

バターとマーガリンの材料の違い


そもそもマーガリンとバターは材料が違います。

バター:80%以上が動物性脂肪(牛乳)で出来ている
マーガリン:80%が植物性脂肪(オリーブ油、ごま油等)で出来ている

だから、風味や形状に違いがあります。

 
とりあえず両方脂肪でできているのはわかりますが、動物性脂肪と植物性脂肪の違いってなんなのか?

どっちが健康にいいのか?

次はその辺りをお話していきましょう。

 

バターとはどういうものか?


バターの原料は牛乳です。

生乳や牛乳に含まれる脂肪分を抽出して、固めたものがバターになります。

 
法律上、乳脂肪分が80.0%以上、水分が17.0%以下と、決められています。

あと、牛乳の脂肪分の特徴としては、冷たくなると固まる性質があります。

20度くらいの常温に置いておけば、パンなどにも塗りやすい、柔らかい状態になります。

冷凍保存には適していません。

食感が悪くなってしまいます。

 
そして酸化しやすいというデメリットがあります。

簡単にいうと、悪くなりやすいんです。

バターの健康面

バターは香りが良いので、お菓子などの材料にも使われやすく、クッキーや、ビスケット、ケーキなど様々な食べ物に使われています。

 
しかし、動物性脂肪で作られているバターには植物性油や、魚油と比べて、コレステロール値が上がりやすいという難点があります。

だから食べ過ぎると、太ってしまうことはもちろん、コレステロール値の上昇、動脈硬化などの健康被害が出てきてしまいます。

だから、バターを食べれば健康になる!

というわけでもありません。

 

マーガリンとはどういうものか?


最初は偽バターと呼ばれたマーガリン。

当時は、牛脂に牛乳などを加えて固めただけのものでしたが、その後に植物油を固形化する技術が開発され、現在のマーガリンになっています。

 
マーガリンの原材料には、オリーブ油(菜種油)や、ゴマ油など、油植物性の油が使われています。

そして、この 植物性の油は、体内で中性脂肪や、コレステロールを減らす働きをしてくれます。

 

バターの健康面

先ほどの話を聞いて「マーガリンは健康にいいんだ!」なんて思っている人は危ないですよ。

マーガリンの脅威はトランス脂肪酸というものがあることです。

 
マーガリンの原料は、菜種(オリーブ)、ゴマなどの、植物です。

でも、食用植物油脂だけだと、常温では液体の状態です。

冷蔵庫に入れたところで、液体のままなんです。

そこで登場するのが、食用精製加工油脂です。

程良い固さにしたり、口どけの良さを向上するために、食用精製加工油脂が使われています。

これがヤバイんですよ。

 
食用精製加工油脂の中には、石けんなどの原料としても利用される、硬化油脂が含まれています。

そして、その製造過程でトランス脂肪酸が生成されます。

つまり、柔らかい状態を保つために、工業用にも使われるよくわからない材料が入ってる訳ですね。

このトランス脂肪酸の副作用が相当危ないです。

  • 悪玉コレステロールが増えて、善玉コレステロールが減る
  • 心臓病のリスクを高める
  • 突然死、糖尿病、高血圧、メタボ化のリスクを高める
  • 本来は食品からとる必要がないもの

どうですか?

マーガリンに恐怖を感じたでしょう?(笑)

 

両方とも摂取しないにこしたことはない


結局のところ、両方とも健康になにかあります。

少量なら問題はないでしょうが、摂取しないことに越したことはありません。

 
国の機関である農林水産省でも、

「トランス脂肪酸が健康に悪影響があるかの十分な証拠がない」

と言われていますが、実際には報告は上がっています。

理由がハッキリしていないだけです。

 
もし、家にバターがあるのならば、少量ずつ消費していくように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)