料理の「さしすせそ」とは?覚えるだけでも美味しくなる和食の基本!

料理を覚えたい!
料理が出来るようになりたい!
料理をもっと美味しく作りたい!

そんな人は料理の基本である、料理の「さしすせそ」を覚えましょう!

和食料理の基本中の基本と言われるくらいですから、日本人なら覚えておくと、ゆくゆくは作れる料理のバリエーションが増えますよ!

料理の「さしすせそ」とは?


料理(特に和食)の味付けの基本になる五つの調味料のことです。
それらを使うときの順序を覚えるための語呂合わせとして、「さしすせそ」の語を用いります。

  • さ・・・砂糖
  • し・・・塩
  • す・・・酢
  • せ・・・醤油
  • そ・・・味噌

という意味になります。

料理の「さしすせそ」の順番の意味


料理の味付けは、基本的に「さしすせそ」の順で用います。
では、なぜその順番なのか?
それは下記の考え方に基づいています。

  1. まず甘味はなかなか浸透しにくいので、砂糖を入れるのは早い方がいいです。
    特に塩や醤油を先に入れてしまうと食材に甘味が付きにくくなります。
  2. 塩(塩水)は浸透圧が高く食材から水分を呼び出すため、煮汁の味を決める初期に入れます。
    砂糖の前に入れると砂糖の味が食材に入らなくなるため、砂糖より後に入れるのがいいです。
  3. 酢は早く入れ過ぎると酸味がとんでしまうので、調理進行を見計らって入れます。
    塩以上に食材に味が染みるのを妨害するため、塩より後に入れるといいです。
  4. 醤油、味噌は風味を楽しむものなので、仕上がりに入れる事が望ましいです。

なお、アルコールによる臭み消しと食材の味付けを促進させる作用から、調理酒・本みりんなどの酒類を入れる場合は、砂糖よりも早く最初に入れ、みりん風調味料は味噌より遅く最後に入れるといいです。

このように、ちゃんと理にかなった順になっているんです。
適当に「さしすせそ」と言っているわけではありません(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?
料理の「さしすせそ」について、理解していただけましたでしょうか?

「さしすせそ」は知っていたけど、順番の意味までは知らない人は多いのではないでしょうか?
順番が適当になってしまうと、味が薄くなったりするそうです。
しっかり基本を押さえることで、料理の味付けがしやすくなり、美味しく作ることができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)